"妖精のパトロール" VS "マシャと熊" - 1BiTv.com

"妖精のパトロール" VS "マシャと熊"

(自動翻訳)
"妖精のパトロール" VS "マシャと熊"

許諾されたおもちゃ「Fairy Patrol」は「Masha and the Bear」に追いついた


国内ライセンスで発行された人形、パズル、創造性のセットの販売は、大規模小売店でのロシアのおもちゃ市場で成長し始めました。 2016年から2017年の間にロシアの免許を持ったおもちゃの売上高が10-20%減少した場合、2018年1月から4月には2017年の同期間と比較して46%の伸びを示した。 2018年1月〜4月の全体の金額はわずか4%増加しました。
国内ライセンスのセグメントは非常に小さいですが。 2018年1月から4月にかけて、その占有率はすべてのおもちゃ免許証の売上の7%で、5017 - 5%でした。同時に、外国人の権利保有者のライセンスによる玩具の売上高は実質的に増加しなかった:2017年の同期間と比較して、2018年の最初の4ヶ月で+ 2%。しかし、 2017年には、2018年1月〜4月にライセンスされた玩具(国内外)が市場の23%を占め、21%でした。

最近まで、最も人気の高いライセンスの格付けには、「Masha and the Bear」(8位)のロシア語ライセンスが1つしかありませんでした。しかし、2018年には「フェアリーパトロール」が追加され、現在は9位になっています。興味深いことに、2016年5月に女の子向けのアニメシリーズが初演され、昨年末に店頭に登場したのは興味深いことです。

ロシアのNPDのリーダーであるマリア・ヴァニファトワ(Maria Vanifatova)は、「玩具市場には、子どもたちが遊びたい、鮮明なキャラクターを持つ物語の需要が満たされていません。 "女の子"コールドハート "と"トロール "のライセンスの可能性は枯渇し、ニッチは空になった」 「Fairy Patrol」ライセンスの成功は、このライセンスに基づくおもちゃが、大企業のマーケティング支援と存在感を大企業ネットワークの棚に持つ大企業「Gulliver」によって促進されているという事実によって促進されました。

ライセンスされたおもちゃの販売の評価、2018年(3月から4月)
1スターウォーズ(外国人)
2プリンセスディズニー(外国人)
3冷たい心
4手押し車(外国人)
5忍者タートルズ(外国人)
6アベンジャーズ(外国人)
7ペッパーブタ(外国人)
8マシャとベア
9フェアリーパトロール(ロシア語)
10バットマン(外国人)

また、「ミミミミシキ」、「フィックスキー」、 Soyuzmultfilm(「Winnie the Pooh」、「Mowgli」)とシリーズ「Three cats」が成長しています。しかし、売上高は、これらすべてのおもちゃが「フェアリーパトロール」のかなり後ろにあります。たとえば、「Fixiki」は、認可されたおもちゃの販売の格付けで30位にあります。

伝統的に、ライセンスは、英雄として自分自身を提示し、バットマンと忍者を演じたい男の子のためのおもちゃに強いです。しかし、ロシアのライセンスはまだ少年のニッチを積極的に発展させておらず、特に人形、テーブルゲーム、パズル、創造性のセットの中で、おもちゃの分野で女児や幼児にとって最も大きな成長を示しています。ライセンスされた人形のセグメントでは、ロシアフランチャイズのシェアは17%であり、その大部分はフェアリーパトロールに属しています。

31.05.2018 15:19:15

Упоминаемые компании

NPD

15.06.2018 13:42:14

FIFAワールドカップ2018

ロビーウィリアムズが指を見せた後、アメリカのTVプレゼンター、フォックスが謝罪
15.06.2018 09:47:05

赤ちゃんは午前4時に生まれる可能性が最も高い

調査は2005年から2014年まで実施された
15.06.2018 09:24:28

マクドナルドはストローを置き換える

マクドナルドはプラスチックストローを拒否する
15.06.2018 08:48:52

ポケットの牙

知多税関の公式犬が中国市民の牙を発見した
14.06.2018 19:14:34

「ウラル航空」の乗客は運送業者に対して集団訴訟を起こす

ウラジオストクの13人の住民は飛行機の飛行を拒否したためにエカテリンブルクに飛ぶことができなかった


advertisement